fuwafuwa modern’s diary

個人の感想をダラダラ垂れ流すだけ

Twitterで炎上しないようにする方法

Twitterに関わらず、SNSは炎上しやすい。デマだったり、不謹慎系やアンチなど。炎上する理由は様々だ。これから述べる炎上しないようにする方法はあくまで政治系アカウントに進言するものであり、森羅万象対応している訳では無い。

A.「~だと思う、だろうを使おう」
政治系アカウントだと、過去の事例や現在の状況を書くことが多いだろう。その時に事実と異なる事を言ってしまうと炎上の元だ。場合によっては名誉毀損などに発展してしまう。そこで上記の「だと思う、だろう」を使うのだ。~だ、である、と言ってしまうとそれは事実であるようになってしまうが、~だと思う、~だろうと言えば、それは個人の感想になり、仮に事実に異なる事でも個人の感想であるから批判を躱せる。例文:「鳩山由紀夫は日本の経済を10年間も遅れさせたと思う」

B.「だったら:だったから、だとしたらを使おう」
今後起こり得る事態を予測する事を言う機会もあるだろう。その時予測した事が外れたらそれも批判や炎上の元になる。その時使えるのが仮定形だ。仮に~になったらという使い方だ。事実が想定内になった場合に当たるので、仮に予測が外れてもそれはそれで批判を躱せる。例文:「菅直人が総理だったから原発事故は起こった」

C.「批判をする時は相手の悪い所を引き出してから批判しよう」
コチラに何も無い状態で相手を批判するのはこちらになんのバフがない状態になる。相手を黙らせるには相手に都合の悪い事実を添えて批判するのが有能的である。例文:鳩山由紀夫安倍総理は県民の意見を無視して辺野古移設を断行している!許せない!アベ独裁だ!」コチラ「あれ?鳩山由紀夫さんが辺野古移設決めたんですよね?最低でも県外と言ってたのに県民の民意を無視して辺野古移設決定したんですよね?あれれ~、おかしいぞぉ。ダブスタじゃんww」
以上